就任祝いの贈り方

就任祝いにお花を贈る場合、花の種類は胡蝶蘭が一般的です。就任祝いは個人的な場合よりもビジネス的な側面が強いため、カジュアルすぎるものや華美すぎるものは避けた方が無難です。胡蝶蘭は高級かつ華やかで見栄えする、管理が比較的楽であるためもらった側が気兼ねすることがない、お祝いの花としてよく知られているなど、贈答用としてぴったりな特徴をたくさん持っています。また、胡蝶蘭の花言葉は「幸福がとんでくる」という喜ばしいものであるため、縁起を担ぐ人にも大変歓迎されます。

5f-r

胡蝶蘭を就任祝いなどのお祝い事で贈る場合、相手にもよりますが金額としては数万円のものを選ぶようにします。大半は2万円から5万円ですが、場合によっては10万円ほどのものを贈ることもあります。高い買い物ですが、決して安物で代用しようとしてはいけません。安物の胡蝶蘭は色あせていたり花のボリュームが足らなかったりすることがあり、かえって相手の心証を悪くしてしまう可能性があります。色の種類はたくさんありますが、白色で大輪のものを選ぶのが無難です。

胡蝶蘭の注文は実際に花屋さんで行ってもよいですが、最近は胡蝶蘭専門のネットショップがあるため、こちらにお任せするという方法もあります。どちらの店舗でも最も大切なことは、胡蝶蘭の花の下に付ける「札」です。札には正式な書き方があるため、これを間違うと「マナーがなっていない」「非常識」と悪印象につながってしまいます。不安な人は、就任祝いの贈り方を熟知している花屋さんに任せるとよいでしょう。この時、花屋さんに「用途は就任祝いであること」と「どのような役職に就任するのか」を忘れずに伝えておかなければなりません。

 

就任祝いに最適な胡蝶蘭


公開日:
最終更新日:2015/11/12

PAGE TOP ↑