就任祝いに現金を贈る場合の贈り方

就任祝いは胡蝶蘭などの花を贈ることがよくありますが、場合によっては現金を贈ることもあります。ここで肝に銘じておくことは、就任祝いとして現金を贈る場合、花を贈るときよりも気にしなければならないマナーがたくさんあるということです。

最も大事なことは、上司や目上の人が栄転・昇進した場合の就任祝いに現金を贈ってはいけないということです。うっかりお金を贈ってしまうと、「なんて常識のない人間だ」と憤慨されてしまうこともあるので絶対に覚えておきましょう。このようなときは無難に花を贈るのがおすすめです。また、商品券やギフト券なども喜ばれます。ギフト券の場合、相手が自由に選ぶことができるもの、またはワインなどのように相手が好きなジャンルのものを贈ると喜ばれます。可能なら、事前に相手にリサーチしておくことをおすすめします。

同僚や後輩、個人的に付き合いのある友人や知人の場合、就任祝いに現金を贈っても基本的に目くじらを立てられることはありません。贈る金額の相場は、個人ですと三千円から一万円、部署単位で贈る場合は一万円から三万円を目安にするとよいでしょう。また、個人的な贈り物の場合、「付き合いの長さはどのくらいか」、「どのくらい親しい仲であるのか」などによって金額の相場は変わってくるということも覚えておきましょう。
身内の場合、兄弟姉妹では一万円から三万円、親戚では五千円から一万円が相場であるとされています。

ただし、上記の金額はあくまで目安です。もし不安であれば、上記の金額よりも多少多めの金額を用意するとよいでしょう。
就任祝いとは、相手の喜ばしいことをお祝いするためのものです。最低限のマナーを守って、お互いに気持ち良くお祝いしたいものですね。

 

→ 就任祝いの贈り方


公開日:

PAGE TOP ↑