就任祝いの相場

就任祝いの相場は、贈り物をする相手の立場や付き合いの長さなどによって異なります。そのため、確実な目安があるとは言えません。しかしながら、贈り物があまりに高級すぎると相手はなんとなく悪い気持になりますし、反対に安すぎると失礼な人間だと憤慨し、悪い印象を持たれてしまう可能性があります。そのため、就任祝いの金額に自信が持てない場合は相場よりも少し多めの金額にしておくと安心です。勝手がわからずどうしても困ってしまった場合は職場の上司の判断を仰いでおくとよいでしょう。

会社として付き合いのある方への就任祝いでは現金を贈ることが言語道断です。ギフト券や商品券という選択肢もありますが、一番オーソドックスなのは花を贈ることです。この場合、管理のしやすさ、見た目の華やかさなどもあり、胡蝶蘭が一般的です。会社同士のお付き合いの程度、予算、企業の規模や他の送り先との兼ね合いなどもあり、相場は少し変わります。一般的な企業への贈り物では、二万円から三万円で三本の胡蝶蘭が相場となります。上場企業や大企業の社長の方、他の贈り先よりも豪華に見えるものが良いと考える場合、およそ三万円のものを選びます。最上級のものを贈る場合、相場は五万円となります。

胡蝶蘭は値段のみでなく、花の大きさ、本数などによって見た目の華やかさが変わってきます。見栄えがよくなるべく豪華なものを、と考える場合は相場の範囲内で大輪かつ花の本数が五本のものを選ぶとよいでしょう。また、花1本あたりにつく花の数も考慮するとよいでしょう。
一般的なお祝いであれば、花の本数は三本で大輪のものがおすすめです。ビジネスの場では白色の胡蝶蘭が一般的ですが、女性の方に贈る場合はピンク色のものも喜ばれます。

→ 就任祝いの贈り方


公開日:

PAGE TOP ↑