教授就任祝いに胡蝶蘭がおすすめの理由

教授の就任祝い。どのようなものを送っていいのか、迷いますよね。就任祝いの相場は2万円~5万円程度と言われています。何を贈ろうか?お菓子にしようか、お花にしようか、それとも商品券?何がいいでしょうか?

まず、お菓子は贈る相手の方の好き嫌いがきちんとわからないといけません。また食べ物なので、賞味期限などもあります。教授クラスの方ですと、若い方ももちろんいらっしゃいますが、ある程度年齢を重ねていらっしゃって食べ物の制限がある方もいらっしゃいます。しかも2万円〜5万円の高級お菓子で好みや、食事制限によって召し上がって頂けないというのは、せっかくのお祝いなのに残念ですよね。簡単な手土産のときにはぴったりですが、就任祝いには向きません。
また、商品券は直接的で色気がありませんし、失礼にあたる場合もあります。やはり、教授の就任祝いには豪華な胡蝶蘭が喜ばれます。
教授に就任後は研究室やご自宅にもなにかと来客が多いものです。そんなときに豪華絢爛な胡蝶蘭が部屋の入り口や玄関を飾っていたらそれだけでおめでたい感じがしますよね。


胡蝶蘭は送るときに木札なども立てられるので、誰に送ってもらったかということが一目瞭然。プレゼントした側のアピールにもなるのです。教授と繋がりがあるということが来客の方にもわかります。胡蝶蘭が人脈を広げてくれることもあるかもしれません。
また、胡蝶蘭は水やりがとても楽です。季節によって水やりの回数は異なりますが、月に2回程度の水やりですみます。
そして、とても長持ちする花なので、だいたい2ヶ月くらいは普通に咲き続け、環境が胡蝶蘭に合っていると半年くらいも咲き続けてくれます。長く咲くという意味もあって、とても縁起のいい花とされています。

縁起がよく、手入れも楽な蘭ですが、相手方に贈るときに一つだけ気をつけなくてはいけない点があります。それは、贈った蘭が新鮮な蘭であったか、ということです。胡蝶蘭は確かに長持ちする花なのですが、もともとの胡蝶蘭がかなり前から咲いていたり、鮮度が落ちているものだとするとやはり植物なので枯れてしまいます。もし、教授の就任祝いのために贈った胡蝶蘭が、届いてすぐに枯れてしまったどうでしょう。長く保つはずの胡蝶蘭が枯れたということで、普通のフラワーアレンジメントが枯れたときよりも縁起が悪い感じがしてしまいます。

新鮮な胡蝶蘭を贈りたい場合はやはり産地直売がおすすめです。今はインターネットでも産地直売の胡蝶蘭が買えるようになりました。産直の胡蝶蘭だと仲介手数料が発生しないため、比較的リーブナブルに豪華な胡蝶蘭を購入することができます。産直だと言ってもきちんと、木札を立てたり、専用の箱にいれて贈る手はずを整えてくれますので、お店から贈ったものと遜色はありません。いいとこ尽くしですね。
教授の就任祝いには是非、新しい胡蝶蘭を贈ってみてくださいね。


公開日:

PAGE TOP ↑